中毒

マイ機材中毒予備群yoheiです(?)

 

先週のライヴでは、フライングV弾き始めて10周年にふさわしい音が出せてたんでないかと思います。

アンプを買い、

ピックアップを交換し、

ピックガードの剛性UPも良い方向へ行ったと思います。

 

ギターを弾かない皆さんが聴いても、違いは分からないかも知れないです。

でも!

それが音楽になったときに、

その印象、表情、感触は必ず違うはずです。

 

暖かく、生々しく、芯の通った音。

今後、素晴らしい芸術を届けていけたら。。。と思っています。

 

・・・たまにはシリアスな内容も書いておかないと、です。

 

 

ところで、

今使っているアンプは、家では鳴らせないんです。

スタジオか、ライヴハウスじゃないと使えないんです。

重くて腰は痛くなるし、部屋はエレベータ無しの6階だし、

持ち運ぶのが大変で、普段のバンド練習では使わないつもりでした。

でも、今、すごくあの音でギターを弾きたい!

次のバンド練習すら待たずに、アンプで音を鳴らすためだけに、

1人でスタジオ行ってしまおうかな~

2 thoughts on “中毒

  1. 10周年サウンドよかった
    芯のある音をしてた気がする
    あそこまで変わったのは
    アンプが一番効いてるの?
    防音室とか買わないように

  2. ありがとう♪
    そう、生々しさと言うか、音が迫ってくる感じが全然違かったと思うな。
    アンプと、ピックアップ換えて、調整したのも大きいよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。