オーディオくん紹介

yoheiです

昨日は、リリカルの打ち上げの練習があって、
帰り道の横浜線で、久々に
「私はどこ?ここは誰??」
状態になり、ヒヤッとしました(笑)

さて、新しく入れたオーディオ、ご紹介しましょう

スピーカー: JBL 580
アンプ: DENON DMA-2000 SE-SP
CDプレーヤ: DENON DCD-1650 SE

定価: 55万くらい??
通常価格: 48万くらい??
買い値: 38万ちょい

オンキョーとデノンの区別はつかないわ、JBLはもちろんのこと、スピーカーメーカーだって、1つも知らない状態で、まずはオーディオショップに行きました
始め、試聴の順番待ちだったので、勉強と思い買えもしない超高級オーディオコーナーで300万円のシステムを試聴
持って行ったCD、お店にあったCDを何枚か聴いて、ここでCDの実力を知りました

家で聴く音楽なんて、、、
たかがCDを良いシステムで聴いたって、たかがCDと思ってたのに、
ちゃんとプロがレコーディングをして、
ちゃんとしたシステムで再生すると、
その言葉通り、生の音楽が「再生」されるのだと思い知らされました

当然のように、始めに「予算は?」と聞かれましたが、
いくら出すと、どんな音になるか全然分からなかったんで、
最初の返事は、

「えーと、、、分かりません」

変な客だと思われたでしょう

結局のところ、予算は、決して100万とか200万とかではないけど、
納得がいけば、10万でも20万でも30万でも良いです
と説明をして、じゃあ、ロック向きを中心に色々聴いてみましょうということになりました。

まずはスピーカー選びです
押しがある音を出すには、トールボーイ型と言われ、
20~30万前後のスピーカーを色々試しました。
試しに、65万のやつ、普通の形のやつ、クラシック向けと言われるやつ、
などなど10種類くらい聴いたと思います。

そんな中で、65万のだけは、かなり気に入りました
でも、それでセットを揃えると、100万コース
これは、今じゃないな。。。と思い、
他を考えると、、、

色々聴いた中で、値段的には下の方だったんですが、
JBLが好みでした

他は、ドンシャリ系?が多く、イマドキの音楽と相性が良いかも知れないですが、
古いロック好き(マイケルシェンカー好き?)の耳には、
中域のパンチがあるJBLが良かったんです。

ただし、それでも満足ではなく、
中域が強すぎなのか、抜けが悪い感じが気になっていました。
他のスピーカーとの中間くらいになると嬉しいんですが、、、と相談して、
アンプを変えてみることに、、、

そうすると、バッチリ良いバランスぐあいに
それがDENONでした。
聴く音楽によっては、ちょっとローが強すぎる感もありますが、
EQを調整すれば、良い感じになったので、スピーカーとアンプ決定

あとは、CDプレーヤー。
結構、値が張ってきたので、プレーヤーくらいランクを下げても良いのでは?
と思い、同じメーカーで、1つランクを落としてみました。
そうすると、全然音の迫力が変わってしまうじゃないですか
ただCDを読み取るだけなのに、、、
何が違うのか聞いてみると、値段の差は電源らしいです。

後から考えたんですが、アンプは、増幅器。
もともとの信号が大きい方が再現性は良くなるというのは理屈的にも合うかなと思いました。
とにかく、高い方を買うことにしました

運良く、決算期ということもあって、かなり安く買えたっぽいです
オーディオ好きの友達に話すと、割りと定番の組み合わせらしく、
高いものの「定番」というのは、やっぱ評価されているってことなんでしょうね。
yoheiは、帰り道、結局何を買ったのか良く分からず、
スピーカーは、JB何とかって3文字ので、
アンプは、オンキョーかデノンのどっちかだったかな~くらいだったので、
まさにブラインドテストで選んできたわけで、
領収証にメーカーとモデル名が書いてるから、ここに書けますが、
それが、メーカーのラインナップの高い方なのか、安い方なのか、
全然分かりません
分かるのは、良い音がするってことだけ

・・・今も、その音を聴きながら、ブログ書いてます
今日は、ちょっくらCDを仕入れてこようと思います
 

オーディオくん紹介」への2件のフィードバック

  1. もしかしてSACDも聴けるってやつ?
    よし!持ってく
    個人的には100万円くらいまでの
    システムは値段と音に関連性があるけど
    100万円以上になるともうわかんないね

yohei へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。