ベッコウ柄のピックガード

yoheiです

 

今年の春に買ったアコギの手術をしました。

買った当初から、音には大満足だったものの、このギター、

00018  

エレキはフライングV、今まで持ってたアコギはオベーションというyoheiには、

もう少し、華やかさや、少し変わった感じが欲しいなぁと思ってました。

ギターの形、ピックガード、どこを取っても、「普通」としか言いようがない。。。

 

※ここでギターを弾かない人のために補足・・・

 ピックガードとは、穴の横にある黒いヤツで、

 弾くときに、ピックがギターに当たって傷つくのを防ぐ役割をします。

 

買ってから半年。

yoheiの弾くポジションがネック寄りなため、

ピックガードではない部分が、ボロボロになってきました。

Ts3g0365_2   

これは手術中の写真ですが、矢印の部分が白っぽくなっています。

yoheiの爪が当たって、表面が削れてきてます。

 

このまま続けると、穴が開く勢いなので、

手術執行

 

やっぱ、ベッコウ柄でしょ

ということで、ベッコウ柄のシートを買ってきて、

オリジナルデザインです。

ポイントは、

・削れてきた部分をカバーすること。

・元々貼ってあった部分を隠すこと。

でも、大き過ぎると、きっと音が変わってしまうので、できるだけ小さく。。。

 

こんな感じになりました。

Ts3g0368_2 

yoheiのギターっぽくなったんじゃないでしょうか。

 

ただ、ピックガード面積が大きくなって、少し音が変わった気もします。

抜けが悪くなったような。。。

本人しか分からないレベル、もしくは本人の勘違いかも知れませんが。

でも、少し弾いてたら、響くようになってきた気がします。

「馴染み」とか、そんなこともあるのかも知れません。

場合によっては再手術ですが、暫くは、様子を見ることにします。

 

1 thought on “ベッコウ柄のピックガード

  1. ピックガードの材質を硬いものにすれば
    音が硬くなる
    → 相対的に抜けが良くなる
    ような気が、
    しないでもないでもないが…
    じゃあその材質はなんだ、
    と言われると
    わかりませんなぁ(-_-;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。